人気ブログランキング |

地元工務店の日々の仕事風景をご紹介しています


by smaruyamakoumuten
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

タグ:丸山工務店 ( 53 ) タグの人気記事


年が明け2020年1月15日(水)のボロ市は、朝から冷たい雨が降りしきる中でのスタートとなりました。

それでも午後2時には雨もあがり、おひさまが顔を出し、この人だかりです↓

2020年1月15日(水)の世田谷ボロ市_e0215910_15064083.jpg
これが↓冷たい冬の雨に打たれながら丸山社長が設営した讃岐うどんのブースです!

アピールw



2020年1月15日(水)の世田谷ボロ市_e0215910_15111280.jpg
社長、本当にお疲れ様でした。うどん、結構売れてましたよ。地域貢献も楽ではありませんね。

さて、今回の「驚き」は世田谷第一郵便局前にて「ボロ市記念切手」が売られていたことです!

2020年1月15日(水)の世田谷ボロ市_e0215910_15144980.jpg
郵便局員の方が声をからして「切手いかがですか~」と叫んでいました。

(井口)





by smaruyamakoumuten | 2020-01-23 14:54 | 地域貢献 | Trackback

耐震を考える

先日、東京都木造住宅耐震診断登録事務所協議会(通称:都耐協)の
特別研修会に参加してきました。

講演は山辺先生による
「安全性を高める補強設計の要点
~力の流れをふまえ構造計画から考える~」


木構造のスペシャリストでお忙しいところ
工務店向けのセミナーや大工塾などの教育に熱心で
構造の視点から木造建築を支える方だと、とても尊敬している先生です。

今回も丁寧にわかりやすく、講義頂きとても参考になりました。
「シンプルな構造は力強く美しい・・・・」とわかっているのに。
意匠も構造も。シンプルなほど難しいです(;'∀')

耐震を考える_e0215910_12495668.jpg















kata.






by smaruyamakoumuten | 2019-11-26 09:36 | 設計のカテゴリ | Trackback

W邸が紹介されました!

家づくりって一生に一度あるかないかの大事なこと。
何からはじめたら、理想の家づくりが出来るのか?皆さん不安ですよね。

家づくりの基礎知識から施工会社選びまでサポートしてくれるのが
「家づくり学校」です。https://school.stephouse.jp/

そのうちの1校・川越校が発行する『川越でのいえづくり vol.5』に丸山工務店が掲載されました。
昨年竣工したW邸を紹介しています。
既存の家の梁材や床材を再利用しながら、明るく広々とした住まいが出来ました。

W邸が紹介されました!_e0215910_13280719.jpg

W邸が紹介されました!_e0215910_13281379.jpg




























埼玉中心の情報誌ですが、お手に取る機会があれば是非♪ 
参考にして頂けたらうれしいです!
kata.




by smaruyamakoumuten | 2019-09-26 13:35 | 設計のカテゴリ | Trackback

台風のつめ跡

9月8日深夜から9日の早朝にかけて台風15号が関東を通過しました。。。

あっという間でしたね。

自転車通勤の私は道路の路面が葉っぱだらけになっているのを見て、台風の「爪痕」を感じたのでした。

電車通勤の方は電車が止まった影響で出社の時間が大幅に遅れ、お疲れの事でしょう。

丸山工務店は「台風で屋根の一部が破損したので修理をお願いしたい」というお電話を何本もいただきました。

何年か前の凄まじい台風が来た時のように大木が倒れたりといった光景は見かけませんでしたが、

そこかしこに「爪痕」はありました。

近所のタバコ屋さんの看板のアクリル板が飛ばされて、枠だけになっている(左)

古いテント庇がひしゃげて取れかかっている(右)


台風のつめ跡_e0215910_13292818.jpg
台風のつめ跡_e0215910_13314984.jpg

美容室さんの横のフェンスが強風で外れた↓

台風のつめ跡_e0215910_13320953.jpg
けが人が出なかった事を祈るばかりです。(井口)







by smaruyamakoumuten | 2019-09-12 08:18 | 設計のカテゴリ | Trackback
3年に一度の東京都木造住宅耐震診断技術者講習会(長い!)

なるものに水道橋のすまいるホールまで行ってきました。

都の建物の耐震化は80%以上にも及んでいるんだそうです。。。

今にも倒れそうな古い建物、まだまだ沢山あるような気がするんだけど139.png

木造耐震の第一人者、山辺豊彦先生の講義も久しぶりにきくことが出来ました。

相変わらず刺激的で分かりやすいお話でした。

「都民の皆様の安心安全を守るため、日夜耐震の勉強、実践がんばらなければ!」

と改めて思うのでした。
#東京都木造住宅耐震診断技術者講習会_e0215910_08370166.jpg

(井口)
#東京都木造住宅耐震診断技術者講習会_e0215910_08364988.jpg



















by smaruyamakoumuten | 2019-07-18 08:25 | Trackback

弦巻の家訪問

今年1月に竣工した「弦巻の家」にお邪魔し、

お客様の声インタビューを行ってきました。

とっても素敵なインテリアで、撮影カメラマンも楽しそう(^^)/


インタビューの内容も、家づくりのきっかけ~完成までに苦労したこと等

色々なお話が聞け、とても充実した記事になりそうです!!

HP掲載されましたら、またご報告いたします。

どうぞお楽しみに~

(kata.)

弦巻の家訪問_e0215910_11505795.jpg

















弦巻の家訪問_e0215910_11514705.jpg弦巻の家訪問_e0215910_11514730.jpg

by smaruyamakoumuten | 2019-07-08 11:54 | 設計のカテゴリ | Trackback

社長インタビュー


以前よりお伝えしたかった社長インタビューが、ようやっと記事になり
HPに掲載することが出来ました。

社長はなぜ「100年住宅」にこだわるのか?
根底にある構造力学の考え方や地域への想い。
丸山社長ならではの、考え方が伝わる記事になっていると思います。

ぜひご一読いただけたら、嬉しいです。

社長インタビュー_e0215910_16360321.jpg











※トップページにある「耐震への取り組み」ボタンをクリックすると、
記事のページに移動できます。

社長インタビュー_e0215910_16360307.jpg


by smaruyamakoumuten | 2019-07-02 16:39 | 社長のカテゴリ | Trackback

段取り=きれいな現場


「段取り八分、仕事は二分」とは、すべての仕事の「基本中の基本」ですが、自分を振り返るとはたして出来ているのやら。。。135.png

さて、H様邸のリフォーム工事ですが、解体すると予想していなかったところに抜いてはいけない大切な柱があったりで

じっくりと検討が必要になり、とにかく予定通りに進みません!

いくら段取り良くしたってさあ。。。と言い訳をしたくなるところですが、

せめて道具は整理して、少しでも効率的に作業を進める大工さん。

すばらしい!

段取り=きれいな現場_e0215910_13512520.jpg
出来るところから。。。ですね(井口)




by smaruyamakoumuten | 2019-06-13 13:54 | Trackback

ゆかしの杜

先日、打合せ前の時間で訪れた港区立郷土歴史館 ゆかしの杜
      
建物は昭和13年に建築された旧公衆衛生院という歴史的に貴重な建物。
設計は内田祥三氏です。
左右対称に拡がる翼を持つ正面外観は、壮大である一方。
屋内は空間の高さや光の質感などが柔らかい印象で、
レトロなデザイン照明のあかりも、居心地よい空間でした。

ゆかしの杜_e0215910_13545617.jpg



















ゆかしの杜_e0215910_13551054.jpgゆかしの杜_e0215910_13551087.jpg


















また、地下には八芳園プロデュースのおしゃれカフェが併設!
低めの天井でありながら、窓からの光が入り、とても明るい室内で、
無農薬野菜をメインにしたメニューがとっても美味しそう!!!!

残念ながら、コーヒー1杯のみとなりましたが、
改めてゆっくりと時間を過ごしたいな~と思わせる場所でした。

知らなければ近づけなかった⁈新しい場所。
教えてくれたマンションの管理人さんに、、、感謝(^^♪

(kata.)


by smaruyamakoumuten | 2019-06-10 13:58 | 雑カテゴリ | Trackback

給湯器の中身


先日、我が家で給湯器の10年点検がありました。
初めて見た給湯器の中身・・・

コンパクトなパッケージの中は複雑な配管と配線でごった返していました。
機械設計の技術力に脱帽しつつ、この中で炎が燃えているという事実に、
安全性をちょっと疑ってみたりして。。。

とても貴重な体験でした!

給湯器の中身_e0215910_17091740.jpg
給湯器の中身_e0215910_17091754.jpg
















みなさまも設備点検してみてはいかがでしょうか?
※赤印のところが、燃焼点検できる窓になっています。
左が追い炊き用、右が給湯用のゾーンだそうです!
(kata.)



by smaruyamakoumuten | 2019-05-31 17:12 | 雑カテゴリ | Trackback