地元工務店の日々の仕事風景をご紹介しています


by smaruyamakoumuten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

カブトムシ

どうも総務の小林です。
梅雨が明けて猛暑日もあってすっかり真夏になりましたね。
夏になると長男が「カブトムシ!クワガタ!」と騒ぎ始めます。
我が家は大自然がすぐ近所にあるので昆虫採集の場所には
困りませんが今までは手軽に済ませるために夜になると
近所のコンビニやスーパーを回って看板などの照明に
集まってくる虫を拾っていました。
世田谷あたりのコンビニではせいぜい「ガ」が集まる
位でしょうが我が家の周りではお店を3軒も回れば
カブトムシの一匹や二匹すぐに拾えます。
でも毎回毎回お店で拾ってくるので、うちの息子も
お店に行けば拾えるという、まるで「カブトムシや
クワガタはデパートで買うもの」と思っている
今の子供たちと一緒です。
今年は息子も小学校に入ったので、「カブトムシは
森の中で樹液に集まっているのを採集するもの」という
昔私たちがやっていたことを教えようと思います。
実は最近、早朝に自転車道を散歩しているおばあちゃん
3人組が樹に群がっているのを見かけました。
その時は「何を見ているのだろう?」と思いながら
素通りしましたが数日後の帰宅時、同じ樹に今度は
夫婦と思われるおじいさんおばあさんが懐中電灯で
樹を照らしていました。そういえばこの樹の横を
通る時にあの独特な樹液の発酵臭がします。
土曜の夜帰るのが遅くなったのでその樹を目指しました。
自転車のライトを当てると・・・
e0215910_17324422.jpg

3,4カ所から樹液が溢れ、それぞれ一匹ずつ
カブトムシがいました。
一匹だけ袋に入れて持ち帰り息子に見せると
「明日の朝取りに行こう」と言います。
「朝5時に起きれる?」と聞くと「起きる!」
実際には5時半でしたが息子に起こされました。
六時前に目指すクヌギに到着。残念ながらすでに
カブトムシはいませんでしたがどうしてもカブト
ムシがほしい息子は家に帰る途中にある公園
(樹が沢山生えている)に寄って探そうといいます。
入ってみるとなんとクヌギ林の公園でした。
数十本ありましたが樹液が出ていません。
最後に藪の中に生えている樹を「パパ見てきて」と
言います。「一緒に行こう」と言うのですが腰まで
藪で怖いようです。仕方なく私だけ入ってみると
樹液の出る樹でした。カナブンと一緒に一匹だけ
メスのカブトムシが!
息子を呼びますが怖がって来ません、しかたなく
私が取ることに。
ラジオ体操に来ていたおばあちゃんがその樹に
「いつも虫がいるよ」と教えてくれました。
おばあちゃんもお孫さんにあげるためにたまに
取るそうです。
この辺りでは「カブトムシはじいちゃんばあちゃんちに
貰いにいくもの」なのかもしれませんね。
[PR]
by smaruyamakoumuten | 2014-07-28 17:39 | 雑カテゴリ | Trackback