地元工務店の日々の仕事風景をご紹介しています


by smaruyamakoumuten
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

社員研修(その9)

設計の井口です。

以前、奮発して金物屋さんんで一万円の包丁を買った事があります。

その包丁を使うと料理が楽しくて楽しくて。。。

燕三条市に幾つかある包丁工場で伺ったのは世界的に評価を受ける「藤次郎」
e0215910_12581910.jpg
e0215910_12585684.jpg

特に目を奪われたのは美しい漆塗りの柄とカバー付きの包丁。

e0215910_12593966.jpg
残念ながら工場見学は時間が合わず出来ませんで、後ろ髪引かれる思いで燕三条市を後にしました142.png

















[PR]
# by smaruyamakoumuten | 2017-10-19 13:23 | 設計のカテゴリ | Trackback

社員研修(その8)

土地が変われば、普段見られないような発見もありました。

やはり、雪国ですから、スプリンクラーですかね。

鉄分の多い地下水を利用しているので、道路や駐車場が茶色になっています。

都心では、数センチの積雪でパニックになってしまいますが、

やはり、備えが違います。

e0215910_16361537.jpg



























階段にも、スプリンクラー必要ですよね。




e0215910_16363136.jpg



























果実のような、踏切警報器

ランプの上の傘は、雪除け対策でしょうか ・・・ 反対側は、普通だが




e0215910_16364596.jpg



























孔雀押しの食堂。

お勧めは、鶏肉 ・・・ ?

(藤井)









[PR]
# by smaruyamakoumuten | 2017-10-18 16:46 | 施工のカテゴリ | Trackback

社員研修(その7)

設計の井口です。

世界に誇る爪切りブランド、1926年創業の諏訪田製作所に行きました。

デザイン性が高く、あまりにも使いやすい爪切り。。。プロのネイルアーティストにも愛用されているとか。

今回工場を見学させていただき、何より驚いたのは工場から社員の制服までトータルデザインされていること。

しかも世界で活躍する星野貞治さんによるデザインとは。。。驚きの連続でした。

まずはファクトリー→
e0215910_11103848.jpg

内部は中世のお城をコンセプトにしていると思われます。

e0215910_11093140.jpg
高級腕時計のようにディスプレイされたSUWADAの爪切り


e0215910_11102789.jpg
弊社の社員も何人か購入してました101.png


[PR]
# by smaruyamakoumuten | 2017-10-17 15:09 | 設計のカテゴリ | Trackback

社員研修(その6)

工場の祭典には、色々な人が見学に来ています。

韓国から、若者達のグループも

チョット日本人として誇らしく思える(私は、何もしていませんが)。

e0215910_13400310.jpg

武田金型製作所

マジックメタルと言う動画を検索していただいた方が、早いかも

昔、金型工場で働いた経験があるので、ちょっと懐かしい雰囲気でした。

e0215910_13401773.jpg

MGNET

金型工場の直販部門という形でしょうかね。

地域の工場でコラボした、新しい商品にも力を入れてるようです。

常に進化をしていかないといけませんね。

e0215910_13403322.jpg



















歴史民俗産業資料館

今回の工場の祭典と連動した企画展が見ものでした。

歴史と産業の組み合わせは、学ぶ所が多い。

e0215910_13404308.jpg



















福顔酒造

今回は、参加されていませんでしたが、しっかり試飲させていただきました。

ゆっくり説明受けながら試飲するなんて、贅沢な時間でした。

(藤井)












[PR]
# by smaruyamakoumuten | 2017-10-16 13:58 | 施工のカテゴリ | Trackback

社員研修(その5)

お宿は、嵐渓荘という温泉宿。
その一部は、市内から移築して国登録有形文化財にもなっている、緑風荘。
木造3階で、筋交い無しです。

e0215910_14361541.jpg



























部屋も緑風館の大きな部屋として、夜中まで建築談議に花が咲きました ・・・?

移築してでも残したいと言われる建物をこの仲間と建てたいもんです。



e0215910_14363358.jpg



























ロビーには、12年後に届けられるというポストがありました。

12年後、どんな世の中になっているのでしょうか。



e0215910_14370785.jpg



























朝は、散歩。

らせん状の魚道がありました。

宿は、地下水を利用しているそうで、水が豊かな土地でしたね。

朝食前に、温泉で ・・・ バタ足の練習。

(藤井)







[PR]
# by smaruyamakoumuten | 2017-10-14 14:52 | 施工のカテゴリ | Trackback

社員研修(その4)

設計の井口です。

今年の社員研修は新潟県燕三条地域で行われている「工場の祭典」です。

同じ「ものづくりに携わる人」として、そのスピリットを学んで参りました!

まずは1816年創業、銅器の老舗「玉川堂」(GYOKUSENDOU)から。。。

工場の建物は文化庁の有形文化財に指定され風情があります。

e0215910_11055479.jpg

目玉はなんと!注ぎ口まで一枚の銅板から職人さんが金槌で叩いて作ったやかんです!

ここまで作れる職人さんは現在お二人しかいらっしゃらないのだとか。。。

それだけのお値段(ン十万円)はしますが、「プライスレス」=値段がつけられないというのはこういう事かなと。


e0215910_11061248.jpg
玉川堂の銅板製造を説明する親方?

某大手コンピューター会社CEOに負けないオーラがありまっせ!

e0215910_11062243.jpg


昔、燕三条市一帯では主産業である稲作の水害がしばしばあり、その困窮を救うべく副業として和釘を作ったことが、この産業の始まりだったそうです。

つかうほどに手になじむという「玉川堂」のやかん。。。

欲しいなあ118.png


[PR]
# by smaruyamakoumuten | 2017-10-14 09:40 | 設計のカテゴリ | Trackback

研修その3


どうも、総務の小林です。
本当は「その1」で載せなければいけなかったのですが・・・
今回の参加メンバーの集合写真です。
e0215910_16084367.jpg



















まず初めにこの「三条鍛冶道場」を見学してから
各グループに分かれて見学しました。


[PR]
# by smaruyamakoumuten | 2017-10-13 16:11 | 雑カテゴリ | Trackback

社員研修(その2)

工場の祭典も良かったですが、地の燕三条ラーメン最高でした。
燕系元祖こうしゅう飯店へ
e0215910_20465488.jpg
数十分待って、来た来た‼
大油麺大盛り‼
e0215910_20471305.jpg
e0215910_20472686.jpg
e0215910_20473887.jpg
魚介系スープに山ほどの背油。
町工場の職人さん達の為に、覚めない様背油たっぷりにしたらしいです。
こってりであっさり。上手く表現出来ませんが旨い‼

2日目も燕三条ラーメン‼
玉ねぎ増しで‼
e0215910_20474928.jpg
かなりなお気に入り‼
お土産もこのラーメンにしました。

浜崎

[PR]
# by smaruyamakoumuten | 2017-10-12 20:46 | 雑カテゴリ | Trackback

社員研修(その1)

今年は、燕三条で行われている「工場の祭典」を回る事にしました。

2階建て新幹線で、あっという間に燕三条に到着。

隣の鍛冶道場を見学したら、4班に分かれて

私の班は、背油大盛りラーメンで腹ごしらえ ・・・


e0215910_17164782.jpg




















鑿鍛冶 田齋 のみかじ たさい

間近で見学させていただきました。

これで、鑿と言う漢字が書けるようになったか。

パソコンで打っていても ・・・ よくわかりません。

普段使っている道具が出来る過程を見学する事は、とても有意義な事です。

やはり道具を大切に使わないといけません。



e0215910_17170886.jpg




















日野浦刃物工房


生活全般の刃物を造られています。

大きな刃物は、迫力があります。

使わないけど、欲しくなります。



e0215910_17172988.jpg




















角利製作所


洋式の鑿は、とても興味深い物があります。

やはり、木工事でも地域によって求められる物が違うんですね。

えっ、両方の良い所を合わせたハイブリットタイプも ・・・ 流石です。

どうやら、二子多摩川で買えるとか、

散歩がてら、見に行ってみよう。



e0215910_17174298.jpg




















古式鍛錬所



玄翁(げんのう)を造っています。

いわゆる、トンカチの頭の部分ですね。

ここでは、刃物のように鉄と鋼を組み合わせているそうです。

しかし、たたいて正確な寸法を出すなんてすごいです。


ざーと、初日を振り返って見ました。

普段、見学できない工場を見学できるいい機会に恵まれました。

丸山工務店も負けずに頑張りたい。

(藤井)














[PR]
# by smaruyamakoumuten | 2017-10-07 17:47 | 施工のカテゴリ | Trackback

遅れたLED電球

引き渡し時に間に合わなかった電球を届けさせていただきました。

とりあえず、一般的なLED電球を付けさせていただいておりましたが、

箱を開けてびっくり、ずいぶん個性的な意匠で


e0215910_16444881.jpg



















知らないうちに、こんなLEDも造れるようになったんですね。

耐久性があり、省エネでデザインが選べるなんて贅沢な世の中になりました。

後は、もう少し安くなればと、

(藤井)







[PR]
# by smaruyamakoumuten | 2017-10-03 16:53 | 施工のカテゴリ | Trackback